北海道の家づくり

北海道の家づくり

健康で快適な暮らしを生む自然素材の家づくり 〜家で使用する素材を考える〜

    • 家づくりには柱、外壁、内壁、床、屋根など様々な素材を使用します。さらに柱と壁をくっつけるための接着剤や色を塗るための塗料なども含めると非常に多くの種類の材料が使われているのです。

       

      素材をそこまで気にしない方もいるでしょうが、実は家は使用する素材によってデザインの質感や家の快適さが大きく変わります。もちろん建築会社にお任せしても良いのですが、素材に知っておくとより家づくりが楽しくなるでしょう。

       

      ホームテックでは自然素材にこだわった家づくりを行なっている「無添加住宅」というプランがあります。自然素材を使用することは健康的な家づくりをする上でもデザイン上でも良い影響を与えています。そこで今回は自然素材の魅力についてご紹介していきます。

      自然素材の魅力とは?

      自然素材で家づくりをするとは木材や石・漆喰など自然にある物を素材として使用する家づくりを指します。反対に工業製品や化学物質を使用した素材もあり、自然素材より安価なため通常はこちらを利用することが多いです。

       

      自然素材を使用する良さは数多くありますが、今回はその中でも2点ピックアップしていきます。

       

      ・家から有害物質が出ない

      ・調湿や温度調節などを素材が行なってくれる

       

      ここからもう少し詳しく自然素材の魅力を見ていきましょう。

       

      化学物質を使用しないので健康的な住宅になる

       

      一時期、話題になったシックハウス症候群は家の素材に含まれている化学物質から発生されるガスが原因となります。例えばホルムアルデヒドやアセトアルデヒドなどは聞いたことのある方も多くいるでしょう。

       

      自然素材からはこのような化学物質から発生される有害ガスが発生しないので、健康に良い家づくりを行うことができます。

       

      シックハウス症候群の典型的な特徴は以下の2つが挙げられています。(厚生労働省の「室内空気質健康影響研究会」の 最新報告)

       

      (1)皮膚や目、のどなどの刺激症状(目がチカチカしたり、のどの痛みがある)

      (2)全身倦怠感、めまい、頭痛・頭重などの不定愁訴

       

      このような症状を持つ方はもしかすると家の環境を変えてあげれば症状が良くなるかもしれません。ホームテックでは無添加住宅(Cタイプ・Sタイプが対象)に入居した方が、完成引き渡し後3年以内でシックハウス症候群になった場合、メンテナンス保証を行うシックハウス保証を行なっています。より安心して健康的な生活を過ごせるのです。

       

      ただし、注意したいのは必ずしもシックハウス症候群が完全に治るということではありません。また、例えば床や壁に自然素材を使用していても接着剤に化学物質が含まれているわけではないですし、家具から有害物質が発生している可能性もあります。健康な家づくりにこだわりたい方は接着剤や家具など細かいところまで気をつけるのが重要です。

       

      家の温度や湿度などを自然と調整してくれる

       

      天然の木材や石、漆喰を使用すると家の機能も上げることができます。

       

      例えば、天然の木材(無垢材)には湿気を吸ったり吐いたりする機能や音を吸い込んでくれる機能、衝撃を吸収する機能が備わっています。子供が走り回っても、安全かつ静かな家を保つことができますし、加湿器や除湿機を過剰に回す必要も無くなります。

       

      無垢材以外にも自然素材には調湿機能や防音機能、温度調節機能など様々な機能が備わっています。その性質を活かすことでより快適な家づくりを行うことができるのです。また、家のデザインや質感としても自然素材は暖かみや心を癒してくれる独特の風合いがあるのも特徴です。

       

      素材ごとにどのようなメリットがあるのか気になる方はホームテックまでぜひ聞いてみてください。丁寧にお教えいたします。

       

      屋根や壁で使用する自然素材

       

      自然素材の魅力を理解したところで実際にどのような自然素材が使用されているかをご紹介していきます。

       

      まずは屋根や壁で使用する自然素材を見てみましょう。屋根や壁そのもの以外に塗料でも魅力的な自然素材が多数あります。

       

      漆喰

       

      壁で使用する素材として人気がある漆喰。漆喰塗りで仕上げをするとクロスの壁とは違い立体的な質感も生まれて独特の風合いを楽しめる壁となります。

       

      漆喰は調湿性に優れている素材です。漆喰には細かな穴が無数に開いておりその穴が湿気を吸ったり吐いたりしてくれます。そのおかげで湿度が快適に保たれ、カビやダニの発生も抑制してくれます。

       

      また、耐火性にも優れており漆喰を薄く塗るというメンテナンスを行えば長年変わらずに使用できるというのも魅力的な点です。

       

      天然石や天然石を使用したタイル

       

      天然石は外壁や内壁に使用されることが多い素材です。また、北海道ではあまり見られませんが屋根に使用することもできる素材で様々な箇所で配置することができます。

       

      石の最大の魅力は丈夫で耐久性に優れている点です。山や道にある石を見ても感じると思いますが水にも火にも強いので、雨に当たる外壁に使用しても長期間に渡ってこまめなメンテナンスをしなくても良いのです。

       

      また、天然石は何一つ同じ形や同じ色がありません。色や形が異なる天然石を組み合わせて壁などを作ることによって世界にただ一つしかないオリジナルの内装・外装にすることができます。

      床で使用する自然素材

       

      日本の家では床材に木材を使用することが多いです。他に大理石などの石を利用したり、土間のある家では土も使用します。和室として畳の部屋を用意している家も多いでしょう。今回はメインの床材となる木材について見ていきます。

       

      天然の木材、無垢材

       

      モデルハウスなどに行くとほとんどの家で木材が使用されています。しかし、木材にも集成材と呼ばれる加工された木材と無垢材と呼ばれる天然木があることを知っていましたか?集成材の場合は一度切った木材を接着剤で貼り付けているため厳密には自然素材とは呼びません。

       

      無垢材は接着剤などで化学物質を使用しておらず、木の性質を最大限に活かすことが可能です。木材が持っている調湿性や防音性は家にはなくてはならない機能と言えるでしょう。

       

      子供を育てる上でも無垢材を利用した床は非常に効果的です。木材はそれ自体が断熱材と呼ばれており、温度を一定に保つ機能があります。冬の寒い日に朝から裸足で走り回っても体を冷たくすることがありません。また、衝撃を吸収してくれる柔らかさも持っているので転んでも怪我の少ない家にできます。

       

      それぞれの木材が独自にもつ木目や模様は飽きることのないデザインとなります。長年、住むことによって徐々に色が変化していきますが、それすらも味わいとして変化する家を楽しめるのも無垢材の魅力です。

      まとめ

       

      今回は自然素材の魅力についてご紹介してきました。

       

      自然素材を利用した家は健康に良いのはもちろんのこと、個性ある素材の組み合わせによってデザインとしても楽しく趣のある家になります。今回ご紹介したのは代表的な素材ですが、他にもまだまだ様々な自然素材があるので調べてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた工務店

関連記事

ページ上部への矢印