北海道の家づくり

北海道の家づくり

実は重要なアフターサービス 〜末長く住むためのサポートを考える〜

    • みなさんは建築会社や家を選ぶときに何をポイントに選びますか?価格、デザイン、性能など人によって色々あると思いますが、基本的には「家」そのもので選ぶ方がほとんどでしょう。

       

      しかし、家づくりは家を建てるときだけではなく、家を建てた後のことまで考えることが重要です。20年〜30年、人によってはそれ以上住むことが普通となる戸建では必ずトラブルや故障が起きます。そのときにどんなサポートをしてくれるかも考えながら建築会社を選びましょう。

       

      高組では住宅の他にもマンションや施設を建てている経験豊富なスタッフが迅速にサポートする仕組みを作り上げています。今回は住宅建築におけるアフターサービスのポイントを考えてみましょう。

       

      法律で決められている住宅の保証

       

      実は戸建住宅を建築する際は、建築会社が一定の保証を行うよう法律で定められています。「住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)」等で建築会社は新築住宅の「基本構造部分」について10年間瑕疵担保責任を負うよう義務づけられているのです。

       

      瑕疵担保責任とは何か欠陥が見つかった時に、建築会社や住宅会社などの売主が補修にかかる費用を負担して補修するということです。

       

      住宅は非常に専門的な商品であり、欠陥が見つかった際にも一般の方が欠陥を証明するのは非常に難しいものです。欠陥が見つかった時に売主の責任を買主が証明するのは非常に困難なので、買主が証明をしなくても売主に責任を求められるようになっています。

       

      買主を守るためにこのような法律があるのです。

       

      「10年間保証の制度を設けています」などの謳い文句を行なっている会社は、実は法律を遵守しているだけで保証制度が充実していない可能性もあるので確認しておきましょう。

      住宅瑕疵担保責任で守られている箇所

       

      住宅瑕疵担保責任で守られているのは住宅の「基本構造部分」です。基本構造部分とは「住宅の構造耐力上主要な部分」と「雨水の浸入を防止する部分」に分かれているのでチェックしておきましょう。

       

      住宅の構造耐力上主要な部分

      ・基礎

      ・壁

      ・柱

      ・はり

      ・床板

      ・筋交い

      ・土台

      など住宅を支えている箇所をさします。

       

      雨水の浸入を防止する部分

      ・屋根板

      ・外壁

      ・窓枠

      ・雨樋

      など外からの雨水を守るための箇所をさします。

       

      内装や住宅設備などは保証の対象外となっているので注意が必要です。独自に内装などについての瑕疵担保責任を保証している建築会社もあるので確認しておくことが重要です。多くの場合は内装の保証を2年としています。

       

      点検保証とは?住宅保証で気をつけたい用語

       

      住宅に関しての保証は契約前の重要事項説明の際に説明されることが多いですが、専門用語が多くよくわからない方も多いのではないでしょうか。

       

      住宅の専門用語は他の商品と異なる使われ方や異なる意味を持っているものも多いので注意が必要です。わからない用語や曖昧な理解の時は遠慮せずに建築会社の担当者に確認することが重要となります。

       

      気をつけたい言葉や保証についてチェックしてみましょう。

       

      住宅の「保証」は無償で修理できる訳ではない

       

      家電や家具など他の商品で「保証」とあれば一般的には修理までを保証してくれるケースが多いです。つまり、3年保証であれば故障した際に無償で修理してくれる期間が3年間となっているわけです。

       

      しかし、住宅での「保証」は全てが無償での修理まで保証しているわけではないので注意が必要です。

       

      例えば、先ほど紹介した瑕疵担保責任を伴った保証であれば買主の故意・過失ではない故障であれば無償での修理まで保証してくれます。

       

      しかし、「点検保証」の場合はあくまで無償での点検を保証しているだけであって、修理が必要な場合は有償で請け負うという形になっているのです。

       

      ハウスメーカーなどで「30年保証」 「60年保証」などと謳っている会社もありますが、多くの場合は「点検保証」の期間を指しています。その場合、無償で修理をしてくれるというわけではないので、勘違いをしないように注意してください。

       

      「保証」という言葉についてもわからなければ担当者にきちんと確認することが重要なのです。

       

      定期点検は期間と同じくらい頻度が大事

       

      多くの会社で実施している定期点検。定期点検は住宅に欠陥や故障がないかどうかを建築会社がサービスとして実施してくれているものです。

       

      定期点検は期間と頻度が建築会社や住宅会社によって変わります。住宅の欠陥や故障は素人の方がチェックしようとしても非常に難しいので、実は定期点検を行なってくれるかどうかは快適に住む上で非常に重要なのです。定期点検についてはきちんと確認しておきましょう。

       

      定期点検をチェックする際に期間を重視する方は多いと思います。長く住む家だからこそ、10年、20年、30年と長年に渡ってサポートしてくれるのは安心感があります。

       

      ただし、その期間と同じくらい定期点検の頻度も重要なのでチェックしておきましょう。特に10年以内での点検の頻度は重要です。その理由としては先ほどご紹介した瑕疵担保責任が関わってきます。

       

      瑕疵担保責任は無償での修理が保証されていますが、故障や欠陥は自分で見つけなければなりません。しかし、故障や欠陥を自分で見つけるのは難易度がかなり高いです。そこで、建築会社が定期点検の際に見つけてくれればきちんと修理を行うことができるのです。

       

      瑕疵担保責任は10年間の保証となっています。つまり、10年間の中で定期点検を頻度高く行なってくれればその間に無償で修理や補修を行える可能性が高くなります。なので、定期点検の頻度も重要なのです。

       

      高組では1ヶ月・1年・3年・5年・10年と定期点検を行なっています。その時々で丁寧に点検を行うので安心してお任せください。

      アフターサービスはスピードと安心感がポイント

       

      法律で定められている保証や制度として整備されている保証の他にも、建築会社は独自でアフターサービスを行なっています。例えば、何か故障が起きた際に点検と修理を建築会社が自ら行なってくれたり、設備が故障した時にメーカーに連絡してくれて担当者を紹介してくれることもあります。

       

      住宅は長年住むものなので、故障とは切っても切り離せないものです。その際に建築会社がどれだけサポートしてくれるかは長年快適に住む上では非常に重要です。

       

      「家」という生活で欠かせないものだからこそ、アフターサービスは内容と同じくらいスピードと安心感が重要です。ここからはアフターサービスのポイントをご紹介していきます。

       

      アフターサービスでは何をサポートしてくれるか確認しよう

       

      まず、アフターサービスの内容を確認しておきましょう。アフターサービスの内容としては以下のようなものが挙げられます。

       

      ・定期点検以外の点検(無償・有償含む)

      ・簡単な修理

      ・大きな修理やリフォームの対応

      ・メーカーや設備会社などの担当者の紹介

       

      他にも様々なサービスやトラブルへの対応を行なってくれる会社もあります。

       

      しかし、アフターサービスの内容自体は明記されている場合もありますが、明記されていないことの方が多いです。会社で明確に決めておらず、担当者に任せている会社も多いですし、出来る限りの要望に応えるという姿勢で要望があった時に対応できるかどうかを考えるという会社も多いのです。

       

      「アフターサービスでは何をしてくれますか?」という質問では答えるのが難しい会社も多いので、自分が気になるトラブルがあった際の対処法を担当者に聞いてみましょう。

       

      例えばお風呂やトイレの故障があった時に自分で対処法がわからない時は「お風呂やトイレが故障したらどうすれば良いですか?」と聞いてみると、自社で直すという回答やメーカーを紹介してくれるという回答など様々な回答が返ってきます。そうするとその会社のアフターサービスがわかってくるのです。

       

      ここで、きちんと丁寧に説明や回答をしてくれるかで会社や担当者の対応がわかってきます。住宅は担当者や会社と何十年も付き合っていくこととなります。だからこそ、担当者や会社に対して安心感を持ってなんでも相談できる関係性づくりが重要となります。様々なことを相談しながら担当者や会社に対して自分が安心感を持てるかどうか見極めていきましょう。

       

      地元の会社だからこその対応スピード

       

      家は生活の拠点だからこそトラブルが起きた時に対処のスピードが重要となります。例えば、家で雨漏りが起きた際に、無償で修理をしてくれる約束だったとしても1ヶ月先の修理となってしまったら生活に困りますよね?

       

      そんなことにならないよう、アフターサービスは対応のスピードが重要なのです。建築会社の中にはアフタースピードを重要視した上で、車で1時間圏内しか建築を行わないと決めている会社さえあるのです。

       

      対応スピードを考える上で会社の場所は非常に重要です。例えばハウスメーカーの中にはアフターを行う部署が各支店にないということもあります。旭川支店で家を建てた場合、アフターを行う担当者が札幌にしかいなければ札幌から来るのを待たなければならないケースもあるのです。

       

      その点、地元の会社であれば間違いなくアフターを行う担当者がすぐそばにいるので安心感があります。担当者次第ではその日や次の日には点検・修理に来てくれるので迅速に直すことができるのです。

       

      高組ではさらにアフターの対応を迅速に行うため、24時間対応の窓口を設けています。夜や早朝でも何かトラブルが起こった際には窓口に連絡してくれれば対応してくれるのです。もちろん24時間すぐに修理を行えるわけではありませんが、夜に連絡をしておけば次の日にすぐ点検・修理の対応をしてくれるのでより早く故障を直すことができます。

      まとめ

       

      今回は建築会社の保証やアフターサービスについてご紹介してきました。

       

      家を建てる際には、家自体のことを重要視して考える方が多いでしょう。もちろん家自体のデザインや性能も快適に住む上では非常に重要です。しかし、それと同じくらいアフターサービスや保証がきちんと整備されているかどうかは長年快適に住む上で重要なのです。

       

      ぜひ、アフターサービスにも目を向けた上で家を建てることに関して考えてみてください。

この記事を書いた工務店

関連記事

ページ上部への矢印