北海道の家づくり

北海道の家づくり

外張り断熱のすすめ 〜断熱工法の違いとは?〜

    • 北海道の家では断熱の工夫が欠かせません。

      断熱性能を高めることによって冬の厳しい寒さの中でも暖かい家にすることができるのです。

      「断熱性能を高める施工」と一口に言っても様々な工法や断熱材があることを皆さんは知っていましたか?

       

      アルキテットではそのうち外張り断熱工法を採用しています。

      今回は工法の一つである外張り断熱についてご紹介します。

      断熱工法の違いが分かると建築会社の違いも見えてくるのでぜひチェックしてください。

       

       

      断熱性能を高める工夫

      家の断熱性能を高める上では様々な箇所で工夫が必要です。

      ・壁や屋根・基礎に断熱を施す

      ・窓や玄関を高性能なものにする

      ・換気の仕方を工夫する

      ・施工を丁寧に行い隙間を防ぐ

       

      などなどまだまだたくさんあるのです。

       

      中でも外壁の断熱は家の中で占める割合が多く、家の断熱を高める上で非常に重要な箇所です。

      外壁の断熱は「断熱材の種類」「断熱材の厚さ」「断熱の工法」で主に違いが決まってくるのでそれぞれ詳しくみてみましょう。

       

       

      断熱材の種類と厚さ

      断熱材には「繊維系」と「プラスチック系」に大きく分かれます。

      繊維系にはグラスウール、セルロースなどがあり、プラスチック系にはウレタンやフェノールなどがあります。

      それぞれの素材でメリット・デメリットがあるので調べてみましょう。

       

      フェノールフォームを使用しているネオマフォームは断熱性能が格段に高いので

      ある程度薄くてもしっかりと断熱性能が高い家にすることが出来るというメリットがあります。

       

      断熱材は厚くすればするほど熱を通しにくくするので断熱性能が上がります。しかし、重みも増えて空間も圧迫するというデメリットやコストが増えるという面もあるのです。

       

       

      断熱工法

      断熱材を設置する工法は様々あります。

      住宅の柱の外側から断熱材ですぽっと覆うように設置するのが「外張り断熱工法」。

      柱の合間に断熱材を充鎮させるのは「充鎮断熱工法」です。

      外張り断熱工法は柱の外側、充鎮断熱工法は柱の内側なのでそれぞれ「外断熱」「内断熱」と呼ぶこともあります。

       

      また、外張り断熱と充鎮断熱を組み合わせて「ダブル断熱」「内外断熱」として行う工法もあります。

      「外張り断熱」「充鎮断熱」「ダブル断熱」はそれぞれコスト・断熱性・気密性において

      メリット・デメリットがあるのでどれが一番良いかは一概には言えません。

       

      これらは壁の断熱についてですが、床下や天井の断熱をどうするかも建築会社によって変わります。

      床面の場合、床下に断熱材を設置するか基礎まで断熱材で覆うかで気密・断熱が変わります。

      天井の場合は天井に断熱材を設置するか、屋根に断熱材を設置するかで気密・断熱が変わるのです。

       

       

      外張り断熱のメリット・デメリット

       

      では、本題である外張り断熱についてご紹介します。

       

      外張り断熱とは柱の外側に断熱材を設置して建物全体を断熱材ですっぽりと覆うような断熱工法です。

      主にプラスチック系でボード状の断熱材を使用し、断熱ボードをペタペタと柱に貼っていくようなイメージをすると良いでしょう。

       

      アルキテットではネオマフォームというフェノールフォームを使用してます。

      ネオマフォームは断熱性能が高く軽いという特徴を持っており、外張り断熱に非常に適している断熱材なのです。

       

       

      充鎮断熱工法と比較した時のメリット・デメリット

      外張り断熱と充鎮断熱工法を比較した時のメリット・デメリットはどのようなものがあるでしょうか。

       

       

      外張り断熱のメリット

      ・効率的に断熱性能を高めることができる

      ・気密を上げやすい

      ・壁内の空間を活用できる

       

      これらが充鎮断熱工法と比較した時の主なメリットです。

       

      充鎮断熱工法の場合は柱の間に断熱材を入れるので、柱の部分にはどうしても断熱材が行き渡りません。

      つまり、冷えた柱を通して家の中が寒くなってしまいます。

      一方外張り断熱の場合は柱ごと断熱材ですっぽりと覆うので外側全体に断熱材を行き渡らせることが可能なのです。

       

      充鎮断熱工法の場合、断熱材を充鎮するので施工が悪く隙間が出来てしまうとそこから外気が入ってきてしまい、

      気密性も断熱性も低くなってしまいます。

      外張り断熱工法の場合は断熱材を貼った上で気密テープによって隙間をなくすだけで外気の侵入口を防ぐことができます。

      なので、気密性を高めやすいのです。

       

      外張り断熱工法の場合、柱の外側に断熱材を貼るので柱の合間には空間が出来ます。

      空間ができることによるメリットは主に二つです。

      一つはコンセントなどの配管・配線を比較的自由にしやすいということ。

      もう一つは空気があるので木材が呼吸しやすく腐りにくくすることが出来るということです。

       

      外張り断熱のデメリット

      ・外張り断熱の方がコストがかかることが多い

      ・断熱材が重いとその重みで外壁がずれることがある

       

      これらが外張り断熱のデメリットとなります。

       

      一般的には充鎮断熱に使用する素材の方が安く、コストを抑えることができます。

      住宅を建てる時にコストを抑えたいのであれば充鎮断熱工法の方が良いかもしれません。

      ただし、コストをかけてでも新築時に断熱と気密を上げると将来の光熱費を下げることができます。

      特に北海道では冬に暖房をたくさん使わなければならないので、暖房費が下がることは家の家計を助けることになるのです。

       

      外張り断熱の場合は断熱材に外壁がくっついている状況になるので、断熱材が重いと将来的にずれる可能性があります。

      つまり、断熱材の厚みをあまり厚くできないことがデメリットと言えます。

      外張り断熱工法にする場合は軽くて断熱性能が高い素材を使用するとこのデメリットを解消することができます。

       

       

      ダブル断熱工法と比較した時のメリット・デメリット

      ダブル断熱工法と比較した時のメリット・デメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

       

       

      外張り断熱のメリット

      ・壁内空間を活用しやすい

      ・壁内に空間があるので木材や断熱材の耐久性が良い

       

      ダブル断熱工法と比較すると外張り断熱は壁内に何も詰めないというのが特徴です。

       

      壁内空間を活用しやすいので、電気の配線も工事しやすくなりますし、

      後からコンセントを足すこともダブル断熱よりは苦労なく行うことが出来ます。

      ダブル断熱で壁内にも断熱材を敷き詰めていると断熱材も加工する必要があるため、

      施工が大変になることに加えて工事によっては気密性が保たれなくなるリスクもあります。

       

      また、壁内空間に空気があることで木材が呼吸をしやすくなります。

      湿度もある程度一定に保つことができるため木材自体の耐久性をあげることができるのです。

       

      外張り断熱のデメリット

      ・断熱性能を上げるのにコストがかかる

       

      外張り断熱とダブル断熱を比較した際の最大の違いは断熱性能を上げるためのコストです。

      充鎮断熱に使用する断熱材の方がコストとしては安く手に入れることができます。

      つまり同じ断熱性能にしようとした際にはダブル断熱の方がコストパフォーマンスが良いのです。

       

      ただし、家の暖かさは壁の断熱性能のみで決まるわけではありません。

      外張り断熱で十分に暖かい家にすることももちろん可能です。

      建築会社の提案や説明をよく聞きながら自分たちに必要な断熱性能を持った家づくりを行なってください。

       

       

      まとめ

      今回は外張り断熱についてご紹介してきました。

       

      それぞれの断熱性能にメリット・デメリットがありますが、外張り断熱は断熱・気密を高く保ちながら木材の耐久性も保てる優れた工法です。

      アルキテットでは家の将来まで考えて外張り断熱工法を採用しています。

       

      ぜひ、断熱工法にも目を向けて家づくりを行なってみてください。

この記事を書いた工務店

関連記事

ページ上部への矢印